吃音の悩みを持つ会社員

はじめまして、アラサー会社員の新次郎です。普段、会社で言えないようなことをブログで書き連ねようと思い、ブログを投稿することにしました。いまは、ツイッターやインスタグラムのほうが流行っていますが、僕は一人でもできるブログを選びました。

これには理由がありまして、あまり人とネット上で絡みたくないのです。コメントは付けない設定ができるからブログはいいのですよ。しかも、今回は読者投稿という形で、こちらの知人が運営するブログに投稿させてもらうことになったのです。知識もないですし、ブログの運営は大変そうなので、記事だけ提供することにしました。

というのも、僕は吃音の悩みを抱えていて、それで人と接するのを避けるようになってしまったのです。とはいえ、決してコミュ障というわけではないです。また、対人恐怖症でもないので、単に人と話すのが苦手なのです。人と接するのが好きではないというか、分かりますかね。恐怖とか障害というレベルではないのです。

子供の吃音はイジメの原因になったりするので問題ですが、大人の吃音も仕事に支障があると問題になります。どもりは大人になると治ると一部では言われていますが、僕の場合は吃音の症状は大人になっても治りませんでした。大人になって吃音が治る人と何が違うのかは分かりません。

どもりは精神的な要因なのか、肉体的な要因なのかはっきりしません。病院に行っても治すことは困難で、薬物治療もありますが根本的な治療ではありません。どもりトレーニング法なども実践したことがあります。どもりトレーニングとは、例えば発声練習のようなトレーニング方法のことです。どもりトレーニングについては、機会があれば記事にしたいと思います。

どもりと発達障害の関連性も指摘されていますが、どもりの症状を持つ僕からすると懐疑的です。吃音症と発達障害については、次回の記事で詳しく書いてみる予定です。発達障害の悩みも深いですからね。それでは、お読みいただきありがとうございまいした。これから、数回にわたって、こちらのブログに記事を投稿させてもらう予定です。